スポンサーリンク

【スタジオアリス】データ稼ぎのポストカードは年賀状に有効活用しよう

スタジオアリス

こんにちは!まとりょです。

 

スタジオアリスのポストカードは、データ稼ぎの買物としても結構活躍していますよね。

 

まとりょ
まとりょ

10枚1,000円だし、コスパ最強!

 

だけど『1データ稼ぐのに10枚同じポストカードが来ても、なかなか消費できないしなぁ…。』

という悩みもありますよね。

 

まとりょ
まとりょ

私は手元には数枚あればいい派です

 

そんな余りがちなポストカードを、年賀状として活用しよう!という提案です。

 

スポンサーリンク

きっかけは、フランス人の友達から届いた年賀状

 

娘の誕生日が10月なので、絶妙な年賀状作成タイミング。

そのため、毎年誕生日撮影がてら年賀状を作成していました。

 

まとりょ
まとりょ

ちなみに、年賀状は8月頃から販売開始です

 

そんな中、フランス人の友達から毎年届く年賀状を見返すと

 

まとりょ
まとりょ

シンプルなのにオシャレ。

そして年賀状っぽさはどこにもない。

 

そう、年賀状のデザインなんて何でもいいんですよね。

和風なデザインじゃなきゃとかいろいろ考えなくても、年始のご挨拶ができれば。

 

ちなみに挨拶は宛名の下にあります。

 

これで十分だよね…。

 

ということを考えた結果、

 

まとりょ
まとりょ

その年に撮影したポストカードを使っちゃえばいいんじゃない?

 

という考えに至ったわけです。

 

スポンサーリンク

お年玉くじ付き切手を活用しよう

 

お年玉くじの楽しみがないのはちょっと失礼じゃない?と思った方もいると思います。

実は、お年玉くじがついた切手が販売されていることをご存知でしょうか?

 

平成31年用年賀郵便切手 | ゆうびん.jp
平成31年用年賀郵便切手をご紹介します。

 

オンラインストアではシート販売ですが、郵便局の窓口では希望枚数で販売してもらえます。

出典:ゆうびん.jp

 

寄付金として+3円が加算されますが、眠っているポストカードや好きなハガキを年賀状として活用できるならいいかなぁ~と個人的には思います。

 

切手を貼って送る時は、赤字で『年賀』と記入を

 

私製はがきに切手を貼って年賀状を送る場合は、ひとつ決まりごとがあります。

それは、目に付く場所に赤字で『年賀』と記入することです。

 

出典:ゆうびん.jp

 

赤ペンで書いてもいいし、シールを買ったり100均などでスタンプを購入してもいいと思います。

 

スポンサーリンク

名入れは?

 

年賀状を発注すれば、早期なら無料でやってくれる名入れ。

 

まとりょ
まとりょ

ポストカードを活用するなら手書きしなきゃじゃん…面倒…。

 

と思っちゃいますよね。枚数が多いならなおさら。

 

そんな時、このアイテムがオススメです↓

 

まとりょ
まとりょ

年賀状だけのために、シャチハタなんか買えないよ~

 

って思う方、もしお子さんが就学前ならこれからとっても役立つかも!

 

 

まとりょ
まとりょ

新築祝いに相手にあげたいプレゼントNo.1になってしまった…。

 

年賀状だけでなく、これから末長く使えるハンコを活用するのはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

データ稼ぎで余ったポストカードを年賀状にしてしまおうという提案でした。

 

・お年玉付き切手
・末長く使える住所や氏名のシャチハタ

 

を用意したら、年賀状のためにわざわざ撮影に行かなくてもOK!
家に眠っているポストカードを有効活用できちゃいます。

 

ちなみにポストカードは、この 品番:RA17-14 が普通の写真っぽくてオススメです↓

 

 

※ こちらのタイプは2019年6月30日で販売を終了するようです。

暑中見舞い等のシーズン限定ポストカードの中には同等のデザインが確認できますので、購入の際はご注意ください。

 

可愛い子どもが写るポストカード、余らせずに有効活用しちゃいましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました